FC2ブログ
明けましておめでとうございます。マグロです。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

冬時期に入って、農作業もひと段落着いたので、
ブログでも1つ書いてみよう・・・。ということで、
今回は、遅ればせですが、私が農業を始めようと思ったきっかけをお話しておきます。

以前、私は医療検査と健診を行う県関係の検査機関に就職し、
そこで微生物担当として、7年間、大腸菌O-157の検査や、
下水、水道水などの環境水中の微生物検査に従事していました。

その検査機関では、午前中、学校の児童健診や地域の老人健診業務をおこない、
午後、検査室に戻って、微生物検査を行うというのが日常の業務で、
地域のいろいろな場所を健診で巡回する毎日は非常に楽しいものでした。

そして、その業務の中で、過疎と呼ばれる地域の老人健診に従事し、
健診を通して、過疎に取り残される人々の生活を見てきました。

それは楽しいものであったと共に、過疎地域の現実を垣間見る機会でもあり、
非常に複雑な心境で健診を行ってきたものです。

今でも、その時にお会いした農村地域のお年寄りの実情、
なんとも切ない気持を思うと、本当に涙が出てきます。
その当時の私は「何とか出来んのか」と自分自身に叫んだものでした。

過疎に取り残されたお年寄りの現状を何とかできないものか・・・。

・せめて、気軽に病院に行けるくらいの収入を作ることは出来ないだろうか?
・福祉施設への入居の資金や、介護費用など、援助できるようなことは出来ないだろうか?
・耕作放棄地や、農業の担い手対策など、農村集落に明るい展望をつくることはできないのだろうか?

そして、これらすべてを解決する方法を考え抜いた結果、至った結論は
「農業を変革し、活性化すれば、すべてが解決する!」ということでした。

そして、2年前から、㈱テレファームという農業支援の会社を立ち上げることになりました。
今はまだ、準備段階で、6人の仲間たちと有機、無農薬野菜の栽培に挑戦中です。

毎日、1時間半かけて、標高400mの農地に通い、
過労で入院2回、肘に注射を打ちながらの農作業の日々。
実際、自身で農業を経験してみて、農業の大変さが身にしみています。
そして、農業の変革の必要性も身をもって感じました。

現在、農業者は農作物流通の関係で、労働のわりに低所得になってしまう、
アンフェアトレードに苦しんでいます。
全人口の2%の農家が約40%の食料自給率を支えているにもかかわらず、
所得的には国民総生産1%というのが現実です。
農業という業態は中間流通が多いことで、農家の収益が非常に低いのです。
この状態が 長く続いた農業という業界は生産と販売が大きくかけ離れ、
生産者と消費者との間に大きな距離が生まれてしまいました。
「農家は農作物を作ってさえいればOK」、 長年この環境に甘えていた農家にも
責任があるとは思いますが、正規の農作物流通で流している限り、
余程、機械化して大型化しないと、なかなか農業のみで生計を立てることは難しいと思われます。
小規模農家ではどうすることも出来ないのが現状なのです。
そして、大半の農家は家族単位で行っている小規模農家です。
この規模では、今の流通形態下では正直どうにもならないのです。
この「働いても働いても金にならない!」この固定観念が農家の間では常識になっており、
農家の口から発する言葉は非常にネガティブなものです。

農家自身が自分の息子に
「農業なんてするもんじゃない。生活していけんぞ。他の仕事に付きなさい。」 
これでは、若い担い手なんて生まれるはずがないのです。

周囲を見回しても70~80歳の高齢者が農業を支えているのが現状で、その実態は
汚い、きつい、危険という3K職業の上に、都会労働の1/3以下の収入しか得られないという、
「報われない仕事」になっているのが現実です。

これが常識(あたりまえ)になっているのが農業という産業です。
でも、常識になっていたのではいけないと思うのです。

長年農業に従事していた方から見れば、「何を偉そうなこと言っているんだ!」
ってお叱りを受けるかもしれません。
でも、農業の世界にいなかった人間だからこそ、見えてくることがあります。

農村地域の生活を変え、現在の農業に一石を投じるために・・・。
今年こそ、私たちは動き出したいと思っています。
スポンサーサイト



2010.01.05 Tue l まごころファーマー l top
こんにちは。随分、ご無沙汰しておりました。
ブログに来て下さった方々、ご心配おかけしてすみません。

実は、まごころファーマーの数名が新型インフルエンザにかかっておりました。
今は、咳はまだ少しありますが、元気になりました。

皆さんもお気をつけてくださいね。


それでは、後ほど、アップしていきます~。
2009.11.05 Thu l まごころファーマー l top
昨日、まぐろとフェロモンが乗っていた車が交通事故に遭いましたうるうる
農地から松山に戻ってきている最中、信号で停止していたところへ、よそ見していた車が突っ込んできましたくるま停止していたまぐろとフェロモンが乗っていた車は、2~3メートル先の前に停車していた車にぶつかり、玉突き事故となりました。どうやら車は一瞬宙に浮いたようです。
傷など大きな怪我はなかったのですが大きな衝撃のため、気分が悪く頭や首が痛かったりするので、警察の方とお話をした後に、F先生やTさんのお陰で某病院で診てもらえることになり、病院へ向かいました。とりあえず、まぐろとフェロモンともに、頭には異常がなかったので安心しました。

今日は、二人とも首スジや腰が痛いと言っています。これから痛いところが他に出てこないか心配です。むち打ちは後から痛みが出てくると聞きました・・・・かお

車は、前と後ろが凹んでしまいました。しばらく車は入院します車

車事故 車事故

後ろ↓下の方がかなりへこんでいます涙
車事故 後ろ

先日は、軽トラが落ちそうになるし、何だか不吉です・・・
厄年が近くなると、いろいろあるのでしょうかねぇじー
今まで以上に安全運転したいと思います。





※お世話になった方々
F先生:病院の方へご連絡していただきありがとうございました。いつもすみません。
Tさん:いろいろとありがとうございました。ペットボトルもとても助かります。大切に使わせていただきます。


2009.09.10 Thu l まごころファーマー l top
まぐろが退院しました。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
お見舞いに来て下さった方々、ありがとうございました。
農業の方もご迷惑をおかけしました。助けていただいてありがとうございました。


今後は、体調管理に気をつけて農業していきたいと思います。
休みなしで作業するのではなく、週に1度は必ず休みを入れたいと思います。

お騒がせしてすいませんでした。

詳しくは、また、お会いしたときに・・・・
2009.05.28 Thu l まごころファーマー l top
4月20日は、急遽、お休みとしました。

実は、まぐろが憩室炎を起こして入院してしまいました。

まぐろは、2年ほど前にも仕事が超多忙のときに、憩室炎を起こしていました。
最近は、ずっと休んでいませんでしたので、過労などから再発をしてしまったようです。この前の土、日も農業はお休みとしていましたが、地元のイベントのお手伝いをしたり、自分の本来の仕事をしたりと、ゆっくり休めてはいませんでした。

ただいま、本人は、絶食で点滴をしています。
1週間くらいはかかるかもしれません。

お医者さんに、「仕事があるから入院はやめてください。時間がないんです。」と訴えていたようですが、「再発していますし、今きちんと治療しておかなければ、悪くなったら手術になってしまう」と言われたようです。

お腹の痛みも弱くなってきているようなので、今やっている農業についての資料作りをしているようです。

まぐろさん、今は、どうかゆっくり休んで完治してください。

まぐろは、農作物のことと、フェロモンのことばかり気にしていました。


※援農に来てくださった方々へ
ご心配おかけしてすいません。
本人は、元気です。きっと1週間くらいで退院できるとは思います。


2009.05.24 Sun l まごころファーマー l top
7日はお休みでした。

まぐろは、右肘が伸びなくなってきて、どうしても良くならないので(毎日使っているから当然なのですが)、近くで人気のスポーツドクターがいる整形外科へ行きました。
初めからこちらで診てもらったらよかったのですが、あまりの混雑に1度目は断念したようでした。

肘の方は、けっこう重症だったようで、
「温めずに氷で冷やしてください。肘の関節が腫れているから2週間経っても良くならないようだったら、手術が必要です。」
と言われたそうです。
肘の内側は神経がたくさん走っているので、肘の外側から、ステロイドと鎮痛剤入りの注射を打たれたようです。

まぐろは、
「注射をされて、少し楽になった。石拾いで痛めたと思う。」
と言っていました。


これからは、以前のような過酷な石拾いはもうありませんので、どうか、これ以上ひどくなりませんように・・・・病院


2009.05.12 Tue l まごころファーマー l top
「肘がカクカク外れたみたいになって痛い」と言っていたまぐろは、やっと整形外科へ行く気になり、(病院になかなかいかないのです)近くの整形外科に行きました。

診断は、腱鞘炎です。
お医者様は、「しばらく使わないでください」と言われたそうですが、そういうわけにもいきません。
ビタミン剤や張り薬でなんとか様子を見ながら作業していくつもりです。
気合と根性だけは誰にも負けないまぐろでした。ニコニコ。 横向き

2009.04.22 Wed l まごころファーマー l top
はじめまして。
まごころファーム(ブログ名)と申します。

私達は、無農薬で、食べる人にも作る人にも安心・安全な有機野菜作りを目指しています。

※農業をはじめたきっかけは→こちら

2008年、愛媛県にて新規就農しました。
農地は、住んでいるところ(愛媛県松山市)から1時間半くらいかかるところにあります。
新規就農で無農薬、有機野菜を目指しているとなりますと、農地をなかなかお借りすることができず、就農までに時間がかかりました。そして、農地も住んでいる所から遠い場所となりました。
就農できるまでにはいろいろなつらい想いもしてきましたが、このお借りできた農地は5年近く耕作放棄地でしたので、有機栽培には適した土地となり、安心・安全面の方ではとても満足しています。


農法は、ペットボトルを再利用し、ハウス代わりに使います。発芽時の一番大切な時期をペットボトルにより、害虫から守ります。また、温度・湿度ともに最高の環境となります。
種は、直播をします。直播することで、その土地の環境に早くから慣れることができ、たくましい野菜ができます。
農法にこだわるのではなく、無農薬で安心安全な野菜を作るためにどうすれば良いかを最優先に、日々農業しています。


まごころファーマー達は、実家が兼業農家だった人や、農作業なんて始めての人など様々です。(年齢は、ほとんどがアラフォーです。)
現在は、兼業で農業していますが、農業とは無縁の世界で働いていたからこそ出てくる発想とパワーで、安定した生活が出来る農業・社会貢献できる農業・かっこいい農業を目指します。

今、畑にいるのは、高齢者の方ばかりです。
食料自給率UPと、山の高齢者の方々に役立つことがしたいです。

農業に対して、アレコレ言うだけでなく、自分達は、やれることからやってみます。

このブログは、自分達の農業日誌とともに、
どんな人達が、どんな想いで、どんなふうに野菜を作っているかを皆様に知っていただける(野菜のトレーサビィリティ)ページになればと思います。
過去の記事をさかのぼってアップしていることもありますので、カテゴリからもいろいろみてくださいね。


うまくいくかいかないか、これからどんな困難が待っているか・・・・
一緒に見届けていただければ嬉しいです。
それでは、どうぞ、よろしくお願い致します。



NEWただいま、サイドメニューにてアンケートを実施中。(携帯からは投票できません。)
 こちらをのぞいて下さった方は、必ずてろてろちゅういアンケートに答えてくださいねハート
 無農薬野菜、有機野菜についての意識調査です。ご協力お願い致します。jumee☆beg1R


□■販売情報■□
ゆうき生協(愛媛有機農産生活共同組合) H21.8.10~9.7


□■メディア情報■□
えひめまるごと15分 FM愛媛 H21.6.9 詳しくはコチラ


□■受賞■□
キャリアドベンチャー選手権 優秀賞 愛媛信用金庫賞 H21.9.25 詳しくはコチラ



<登場人物>

まぐろ:まごころファームのリーダーです。もと、医療従事者。体もまぐろ?農業して痩せます。
フェロモン:まぐろの相方。いつまでも若く美男を保っています。以前は、いろいろな事業を展開していました。経験豊富です。
アンドレ:まぐろの幼なじみ。キレイな心を持っています。高学歴ですグー!ただいま、花嫁募集中です。
グリーンリーフ:超田舎出身。まごころファームブログを管理しています。(文章力ないので、すいませんsn)もと、医療従事者。
とーさん:ベテラン農家さん。60歳以上です。
ちーさん:ベテラン農家さん。60歳以上です。痩せておられますが、作業は手早いですよ。若い人と競っています。


その他、いろいろ。
後ほど、また追加していきます。


※コメントについて
申し訳ありませんが、現在、このブログではコメントは受け付けておりません。
2009.02.24 Tue l まごころファーマー l top